ワークマンの品質と安さ

これ、ホントに比例してんの?

と思うくらい、ワークマンの品質、機能性に対する価格の安さが比例してない気がします。

もちろん、いい意味で。

安さの秘密は色々あるらしいけど、製造は中国工場でやるとか、さらに工場とは個別交渉などを行なって安価を実現しているそうです。

昔は作業員御用達だったワークマンは今や一般にも浸透してきてるし、女子への展開も成功しつつあります。

流行り廃りがないのと、長く使えるし安い。しかも女性向けにオシャレなデザインになってきているのも要因でしょう。

ワークマンで今売れまくっているレインウェアがありますが、Amazonで似たようなもの見つけました(価格帯も一緒)。

トオケミ(TOHKEMI) 全天候型 アウトドア(透湿レイン) ウェア FE ストレッチ Rain Suit (#7900) キャリーポーチ セット (色選択可能) (ライム, L)

新品価格
¥5,500から
(2019/5/13 13:06時点)

防水なのに蒸れないのはいいですね〜。