疲れをとるには自己肯定が大切

現代で重要なのは肉体的な休息よりも心理的な休息、心の休息が重要なのかな、と思います。

心の休息に必要なのが、自分をありのまま受け入れること。そして、自分と他人の比較をすることに意味はないと悟ることです。

上記に有効なのが瞑想です。ただ、瞑想といっても、それっぽく座って目を閉じるだけでは全く意味がありません。

大事なのが考え方。これが最も大切です。この考えがわかってから、瞑想するから自己肯定感が持てるようになっていきます。

これがわかってくると、他者を肯定することができるようになり、誰かを妬んだり、恨んだり、蔑んだりということがなくなっていくそうです。

また、自分の気持ちは結構大切で、自分の気持ちにウソをつきすぎていると、自己肯定感というものは生まれないそうです。

例えば、不安を感じたら「今、不安なんだな」と自分自身の感情を自分で受け止めてあげると、なぜか不安は消えていくそうです。

詳しいやり方や考え方はこちらにあるので、もし興味があれば読んでみてください。