ES-335 Gibson

最初の投稿は何しようか?
迷ったけど愛機を載せようかな♪

これです。

ES-335

1974年製のGibson ES-335TDCです。もうヴィンテージって言ってもいいでしょう。もう20年近く使用しているので戦友みたいなものです。鳴りがすごくよくてラッキーな個体ですね。

ちなみにBigsby(ビグスビー)は後付けです。これが付いていると一気にゴージャスになるんですよね。チューニングが狂いやすくなるデメリットはありますけど。

ザ・ローリング・ストーンズのキース・リチャーズ、ミック・テイラーやエリック・クラプトン、リッチー・ブラックモア、ザ・スミスのジョニー・マーなどが使用していますね。今後使用ミュージシャンをもっと紹介しようかな。

この機種はモデルが複数あって、ES-345、ES-355があります。ES-355は最上位モデル(一番高価)。ES-345、ES-355にはバリトンスイッチが付いていてステレオ仕様の機種もあります。これは音を色々と変えられて楽しめますね。憧れのモデルでもあります。

ボディの真ん中に木材が入っていて両側が空洞というセミアコタイプ。フルアコに比べたらハウリングもあまりしません。アンプのヴォリュームをかなり上げればハウリング対策も必要ですが、ライブハウスなどで使用しても困ることはありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする